スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五冠王への挑戦~商業科というコンプレックスの解消~

皆さんこんにちはー


今回は、もうすぐ行われる「商業経済検定」について書いていくとともに、商業科というコンプレックスが解消された私の高校生活三年間を書き綴っていきたいと思いますー(´ω`)


カテゴリの「検定&資格」にはたびたび乗せていたように、私は「商業経済検定」という検定に受かることが出来れば、五冠王となることが出来ます(五冠王とは、全商1級の検定を5つ取得していること
この五冠王というのは、ウチの商業科では初の快挙らしいんですねー
この検定に受かること及び五冠王になることによって、個人的に3つの利益があると私は思っています

一つは、言わずもがな進学や就職に有利ということです
まあ、私の場合はもう大学の進学が指定校推薦によって決定しているので、特に意味がないかもしれませんがw
ただ、「商業経済検定1級」に受かると、リンケージ制度という制度によって「日商販売士検定3級」の試験科目が2つ免除されるんですねー(日商販売士検定3級は、元々5つの試験科目から成り立っています
これによって、日商販売士検定3級が取得しやすくなるという寸法です

二つ目は、周りの人に恩返しが出来るということです
私が五冠王になることによって、学校で私の教育をして下さった担任の先生や商業科の先生並びにウチの高等学校及び私の両親に恩返しをしたいと思っている訳です
私(生徒)が言うのもなんですが、教え子が良く育つほど教師にとって喜ばしいことはないと思います
こんな私がいっぱしの優等生みたいに大口をたたけるようになったのも、先生方のお陰かもしれませんw

そして三つ目は、検定を取得することによって、自分が自分自身であるということを証明できる確かな物証となり得るということです
私は、時々、「自分が自分自身で誇っている能力は、世界中を見渡せば石ころの如くどこにでも点在するほどのものでしかないのではないか」という、心理学でいえばアイデンティティ(自己同一性)の危機に陥ることがたまにありました
例えば、「俺はゲームが得意だけど、そんなものは世界中のプロゲーマーと比べたら差は歴然としており、それどころかそこらの多少強い人と何ら変わりのない存在ではないのか。結局のところ、俺の長所はどこにでもある人と同程度のものであり、自分自身の価値もそんな程度のものでしかないのではないか。」と考えるようになってしまうのです
ですが、この「五冠王」になることによって、私が私であることの証明ができ、それによって自信もついてきます
事実、四冠王になってからは、私はアイデンティティの危機に陥ることがなくなりました


私は、本来普通科に進学しようと中学生の時は考えていました
しかし、私の学力不足により、中学校の先生に「そこの高校は厳しいんじゃない?」と言われました
ですが、私の友人はほとんど頭が良い人たちばかりで、その友人たちは、私が厳しいと言われたところの高校よりもさらにワンランク上の高校進学を目指していました
私がこれ以上進学する高校のランクを落とせば友人に顔向けできない、というよりも私自身のプライドが耐えかねないという状況になりました
そこで私は、「普通科は無理でも、商業科なら入れるかもしれない」という期待を抱き、見事そこの高校の商業科に受かることができました
しかし、そこの高校に入学してからというものの、「商業科」という世間体にはどうしても普通科と比べて学力が低い、というマイナスなイメージを抱き続け、私は商業科に通っていると人に話す事が嫌になってきました
友人に「お前は○○高校だったよな?」と言われるたびに「うん、そうだよ」と言い、自ら商業科に通っているということは伏せて、それ以上の事は話しませんでした

そんな高校生活の中で、私は簿記検定やワープロ検定を習得していきました
そして、それらの検定を取得していくと、「なんだ、俺もやればできるじゃん」というちょっと自信過剰な程の自信がつきましたw
それからというものの、私は検定勉強に力を注ぎ、漢検2級や数検準2級も取得してきました(ちょっと自慢話臭いw
そうして沢山の検定を取得し、自信をつけていく中で、今まで芳しくなかった学力もかなり伸びていきました
高校1年生の頃は、平均評定値が3,2だったものの、高校2年生になると平均評定値が4,2にも上がりました
こんなアニメのような展開が普通にあるのかと正直驚きましたw
そして、勉強することの楽しさを覚え、それによって学力が伸び、「勉強の楽しさを知れてラッキーだなぁ」と感じました
そうしているうちに、友人に「俺は商業科だよ」と話すことが嫌ではなくなってきました
むしろ、そう話すことが誇りに思えてきました(だから、ネットでもこうして話していられるのかもしれませんw


私は商業科という三年前までは自分の名前に傷がつく肩書だとさえ感じていたものが、今では誇りに思えるまでになりました
こうして、私は商業科というコンプレックスの解消をすることができました
高校生活三年間で私の人生は劇的に変わったと言えます(しかし、リア充にはなれない(;Д;)

今回はやたら自己満足な内容になってしまったw
まあブログって言うのは自己満足のようなものなのでしょうけどw
でも、こうして自分の思った事が書き込める場所があるというのはいいですねー
次回何をやるかはまたいつか考えますノシ
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://toarunikotyuu.blog135.fc2.com/tb.php/137-396f3065

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ニコ厨の2チャンネラー

Author:ニコ厨の2チャンネラー
【職業】暇な大学生です
【趣味】
モンハン、ポケモン、ドラクエ等です

このブログでは、私個人の事や、身の回りで起こった事や感じたことなどを書き綴っていきたいと思います(´ω`)

基本的に頂いたコメントは全て返信したいと思いますのでお気軽にコメントどうぞ(・∀・)
また、相互リンクも常時募集中です


←最近始めました、ゆっくりおしていってね!

閲覧数

Twitter

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。